• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
まほろば
東方系同人サークル「まほろば」blog
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「まほろば」代表、七雲結人です。
頒布価格等の告知がばらついてしまっていましたので、正式にまとまったものを書かせていただきます。





それは起こることのない、起こってはいけないはずの
ことだった――

二度目の春雪異変、主との別れ、そして再会。
変わってしまった世界、変わることのない日常。

全てを知るものが伝えた、秘め置かれていた私の真実。
それがどれほど残酷だとしても、それを背負い歩き続ける、歩き続けるために強くなると誓った。
それこそが、剣を取り歩む私の道。

そして直面する新たな現実。
私の前へ唐突に現われ、命を賭けるような戦いを挑んでは消えてゆく幽鬼の剣士。
身を持って知る、平穏な日々は薄氷の上にあるようなものであったと。

続く戦いの中で己が持つ剣、その意味を幾度となく問いただされる度に心は揺れ動き、迷いとなって己の心を曇らせてゆく。

ただ強いだけでは駄目なのか。
ならば、本当の強さとは何から産まれ出でるものなのか。
己の刃に映し、真に断つべきものとは――

続く迷いの果て、それでも『護る』と。
それは私が決めたただ一つのもの。
その意味を、意思を、その在り方を――ただ一振りの刃に乗せて。
私よ、そしてその手に在る剣よ。
示せ、そして届け。

 風に舞う、桜花の如くに――

表




「桜ノ剣記」

内容:妖々夢ベース、妖夢メイン二次創作小説
仕様:文庫判188ページ、カバー付き
頒布価格:600円
備考:既刊「双つ桜」(新書版)が会場限定で一冊付属します。(数に限りあり)


となっております。
此度もイラスト担当黒星氏、校正担当皆原氏、両名の惜しみないご尽力により仕上がった一冊です。
「東方妖櫻恋」、「双つ桜」と進んだ有り得たのかもしれないifの妖々夢、その過去と未来への物語の一つの括りとなる一作です。

自信を持って出せる一作と自讃ながら思っておりますので、少しでも多くの方に手に取っていただければそれがなによりの幸いです。
また、残部の少ない既刊も持ち込む予定です。

とらのあな様にて「紅霧境奇譚」、「永遠迷宮」の委託も続いております。

紅霧境奇譚

永遠迷宮


また今回は以下の企画に参加させていただいております、此方もどうぞ。
banner01_2014050820171034c.png



殆ど過去記事からの流用ではありますが、この内容をもって遅ればせながら正式な告知と致します。
それではあと数日、会場にてお会いできることを願って締めとさせていただきます。
スポンサーサイト
page top



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 まほろば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。